松岡修造のテニス合宿20周年SP ~錦織圭を目覚めさせた本気のコトバ集~

テレビ朝日 特別番組 松岡修造のテニス合宿20周年SP ~錦織圭を目覚めさせた本気のコトバ集~ 2018年5月12日 【土曜】 午前10:30~11:40放送
1998年、プロテニスプレイヤー松岡修造が始めた男子ジュニアテニス育成プロジェクト「修造チャレンジ」が、今年で記念すべき20年を迎えました。 目指したのは、当時低迷していた日本の男子テニスの底上げ。 20年前にはほとんどいなかった“世界ランキング100位以内の選手”を継続して生み出していこうとの思いからスタートした「修造チャレンジ」。 その卒業生の筆頭が、あの錦織圭。 さらに杉田祐一など世界で戦うプロテニスプレイヤーがここから何人も誕生するまでになったのです。 こうして「修造チャレンジ」が輝かしい成果を上げた理由とは何なのか?  その解答の一つとして、私たちが注目したのは「松岡修造のコトバ」でした。

[文章・画像提供:株式会社テレビ朝日]


そこで、「修造チャレンジ」を草創期から追いかけてきたテレビ朝日のアーカイブ素材から、この20年で松岡が発した数々の“名言”をプレイバック。 その言葉が生まれた背景は? そして錦織ら、当時の少年たちはその言葉から何を学んだのか?
ですがただの振り返りだけではありません。
番組ではフロリダに飛び、修造チャレンジ最強の卒業生・錦織圭に独占インタビュー。 修造チャレンジでの思い出や、松岡からもらった「世界へとつながった」コトバを、当時の貴重映像とともに紹介します。
さらに、これまで参加したのべ912人の少年たちから厳選して、その後を追跡ドキュメント。
1期生・宇井啓、計8度参加した藤井貴信、「錦織2世」と言われた中川直樹・・・
三者三様に違う道をたどった名プレイヤーたちの現在を紹介しつつ、それぞれにとって修造チャレンジで得た「コトバ」が現在にどう活きているのか?に迫っていきます。
そしてもちろん松岡修造も登場。 大下容子アナウンサーを聞き手に、修造チャレンジを振り返ってもらいます。 卒業生たちの現在を見た様子や、それについてのコメントは、目を離せないものです。


ここには、ジュニアテニスで頑張っている少年少女のみなさんや、それを見守る保護者の方、はてはテニスやスポーツの世界を越え、日々生活している我々にも確実に“響いてくる”ものがあります。松岡が少年たちに投げかけた言葉、そこに込められた思いを知ることで、生きるためのヒントと活力が得られる70分です!  通称「修造チャレンジスペシャル」ご期待ください!

PR動画はこちら

【概要】
放送局 テレビ朝日 地上波
放送日時 5月12日(土)午前10時30分~11時40分 特別枠

出演  ;  松岡修造
          大下容子(テレビ朝日アナウンサー)
            ・
         錦織 圭
            ・
          大野貴央  松尾友貴  山﨑純平  高橋悠介
          西岡良仁  大島立暉  中川直樹  藤井貴信
          宇井 啓
            ・
          修造チャレンジ 参加選手ならびにスタッフ

  ナレーション  篠原ともえ