Tennis Index

大学トップ選手に聞く!テニスに関する大事なこと

2019-02-22

慶應義塾大学庭球部のダブルエース、今村昌倫選手と羽澤慎司選手にインタビュー。テニスに関する様々な質問に答えてもらいました。今回は今村選手の回答です。



今村昌倫
慶應義塾大学2年(2019年2月時点)
清風高校出身
2018年インカレ室内準優勝


1.練習の時、どこまで試合を意識しているのか。例えば球出しの時も試合のような緊張感でやっているのか、それともフォームや球筋などを身につけたり確認するイメージなのか。


球出しの時はフォームやボールの当たり、体の動きなど、基本の部分を意識しています。
ラリーや、ポイントの時に試合を想定し、試合使えるパターンや球種を考えながら練習しています。


2.勝つことが求められる試合で、意識しすぎると力が入ったり、緊張すると思うが、どれくらい試合中に勝ちを意識するのか。


個人戦は殆どの試合で意識してしまいます。その時は消極的になってしまうので、できるだけ目の前のボールのことを考えるようにしています。


3.調子が悪いと感じた時、どう対処するのか。いい時の動画を見たり、ノートを見たりするのか、それともあまり考えないようにするのか。


良いプレーをしているときの動画を見るようにしています。そうすることで良いイメージがつくので調子が上がります。




4.ダブルスでペアの調子が悪い時、どのような対応をするのか。声をかけるのか、あえてなにも言わないのか。


思い切っていきましょうとか、できるだけリラックスできる声かけをします。


5.小中高、それぞれで身につけるスキルは異なると思うが、具体的になにを身につけるべきだと思うか。


小中は勝ち負けよりもテニスの基礎の土台の部分を身に付け、テニス全体の技術レベルを上げて、高校ぐらいから体を大きくしたり、戦術を考えたりしていったらいいのかなと思います。


6.使っている道具の仕様を教えてください。こだわりポイントがあればそれも。


ラケットはブリヂストンのエックスブレードを使っていて、両サイドに少し重りを貼って、振り抜きやすくしています。ラケット自体はとても打感が良く、ボールが乗ってくれます。グリップサイズは3番です。
ガットはゴーセンのG-TOUR1を使っていて、凄くボールの食いつきが良く、回転がかかりやすいです。太さは1.30で、テンションは40ポンドで張っています。


7.スポーツ選手として、体調管理は大事だと思うが、何か日常的に気を付けていること(食事や生活習慣)があれば教えてください。


食事に関しては、練習後すぐに補食を取ることや、三食しっかり量を取ることを心がけています。その中で、豚肉や野菜を多く食べて疲労回復や体調管理をするようにしています。
他に、睡眠をしっかり取れるように早めにやることを済ましています。



8.慶應大学に入って何か感じていることはあるか。


部員全員がチームやテニスを成長させる為に、こんなにも考えて主体的に動いてるところは他に無いのではと感じています。


9.テニスという競技で、大切だと思うことを教えてください。


初心を忘れずに楽しむことだと思います。


10.今年の目標と、それに向けて今取り組んでいることは?


今年の目標は個人戦、団体戦共に日本一になることです。
今、個人としてはトレーニングの負荷を上げて体を強くすることと、サーブの強化をしています。
チームとしては、日本一になる為にダブルス三本を取ることが必要なので、ダブルス強化をしています。



次回は、羽澤選手へのインタビューです。



関連記事
横浜慶應チャレンジャーコラボ企画 〜慶應義塾大学体育会庭球部にインタビュー!〜
横浜慶應チャレンジャーコラボ企画 〜慶應義塾大学体育会庭球部にインタビュー!第二回〜
Linkでシェア