Tennis Index

大会をもっと身近に。

神奈川に関東公認大会が増えるチャンス第二弾!!
横浜レニックスジュニアテニス大会8月

6月に関東公認審査大会が開催されるという記事を以前掲載した。 そして今回は、横浜に関東公認大会が増えるチャンス第二弾。8月に関東公認審査大会が再びレニックスで開催される。

グアムでテニスキャンプ!

夏休みは、⻑い時間じっくりと物事に取り組める、子供たちにとって、とても良い時期です。 我々NPO 法人デフテニスジャパンは、テニスと英語に対して、じっくりを取り組めるイベントを様々提供しております。

松岡修造のテニス合宿20周年SP ~錦織圭を目覚めさせた本気のコトバ集~

1998年、プロテニスプレイヤー松岡修造が始めた男子ジュニアテニス育成プロジェクト「修造チャレンジ」が、今年で記念すべき20年を迎えました。 目指したのは、当時低迷していた日本の男子テニスの底上げ。 20年前にはほとんどいなかった“世界ランキング100位以内の選手”を継続して生み出していこうとの思いからスタートした「修造チャレンジ」。 その卒業生の筆頭が、あの錦織圭。 さらに杉田祐一など世界で戦うプロテニスプレイヤーがここから何人も誕生するまでになったのです。 こうして「修造チャレンジ」が輝かしい成果を上げた理由とは何なのか?  その解答の一つとして、私たちが注目したのは「松岡修造のコトバ」でした。

横浜に関東公認大会が増えるチャンス!横浜レニックスジュニアテニス大会に出場しよう

ジュニアテニスプレイヤーはポイントを獲得するために関東圏のありとあらゆる大会を回る。 そこで生まれる一つの悩みが長距離の移動である。 離れた場所で試合をする時には日帰り旅行くらいの規模になってしまうこともしばしば。 移動に費やす労力や費用等も考えると負担は大きい。

あのIMGアカデミーが日本に来る!〜IMGクリニックの勧め〜

今回、錦織圭が拠点とするIMGアカデミーのクリニックが日本各地で開催される。 日本のテニスファンなら「IMGアカデミー」という言葉をどこかで聞いたことがあるという人も多いのでは? IMGアカデミーはアメリカのフロリダ州ブラデントンにある、日本のエース錦織圭が育ったスポーツ総合学校である。 錦織が13歳から盛田ファンドの支援を受けて単身テニス留学をしたのは有名な話であるが、 その留学先であり現在も錦織が練習の拠点にしているのがIMGアカデミーである。 他にもシャラポワやアガシなど数々の名選手を生み出した、名門アカデミーのメソッドが海を渡って日本にやって来る。

手汗に悩む人必見!グリップパウダー2

一部のテニスプレイヤーにとって、悩みの種といえば手汗だろう。 手汗に苦しんでいる人は多い。特に夏場になると、それは大きな問題である。 私も手汗に悩まされる一人である。だんだんとグリップテープが湿ってきて、滑りやすくなってしまう。

ストリングインプレ〜ハイパーG〜

自分が実際に張って使用したストリングの感想を述べる、ストリングインプレのコーナー。 今回張って使用したのは、ソリンコのハイパーG。鮮やかな緑で目立つストリング。 選手では、サム・クエリーやマクラクラン勉が使用している。五角形でパワーとスピンが特徴とされている。

ストリングインプレ〜ブラックコード4S〜

自分が実際に張って使用したストリングの感想を述べる、ストリングインプレのコーナー。 今回張って使用したのは、テクニファイバーのブラックコード4S。 ロングセラーのブラックコードの兄弟機種として登場した4角形のポリエステルストリング。

錦織圭が育った環境で生活してみない?
〜IMGアカデミーキャンプの勧め〜

日本のテニスファンなら「IMGアカデミー」という言葉をどこかで聞いたことがあるという人も多いのでは? IMGアカデミーはアメリカのフロリダ州ブラデントンにある、日本のエース錦織圭が育ったスポーツ総合学校である。 錦織が13歳から盛田ファンドの支援を受けて単身テニス留学をしたのは有名な話であるが、 その留学先であり現在も錦織が練習の拠点にしているのがIMGアカデミーである。 そんな、数々の名選手を育てた名門アカデミーに、誰でも短期留学するチャンスがあるのをご存知だろうか。 実際にIMGのキャンプに参加したことがある私が、その内容を紹介して行く。

【ジュニアも必見】慶應チャレンジャーコラムその2

日本で一番大きなプロの大会はなんだろうか?言うまでもなく、男子ではATP500の楽天オープンが頭に浮かぶだろう。 では、その次に大きな大会は? 実は、日本で2番目に大きな男子の大会は全て大学生が運営しているのである。その名も「慶應チャレンジャー」。 慶應義塾大学の体育会庭球部に所属する学生のみで運営されるこの大会は、2007年の初開催以来今年でなんと12年目。 未来のスター選手が集う登竜門的大会。前回は、大会を裏で支える慶應義塾体育会庭球部にズームインした。

【ジュニアも必見】慶應チャレンジャーコラムその1

日本で一番大きなプロの大会はなんだろうか?言うまでもなく、男子ではATP500の楽天オープンが頭に浮かぶだろう。では、その次に大きな大会は? 実は、日本で2番目に大きな大会は全て大学生が運営しているのである。その名も「慶應チャレンジャー」。 慶應義塾大学の体育会庭球部に所属する学生のみで運営されるこの大会は、2007年の初開催以来今年でなんと12年目。 未来のスター選手が集う登竜門的大会。そんな大会を裏で支える慶應義塾体育会庭球部に今回はズームインする。

ストリングインプレ 〜ブラックコード〜

自分が実際に張って使用したストリングの感想を述べる、ストリングインプレのコーナー。 今回張って使用したのは、テクニファイバーのブラックコード。 テクニファイバーのロングセラーで、多角形ポリストリングの草分け的な存在である。

ストリングインプレ 〜アルパワーソフト〜

自分が実際に張って使用したストリングの感想を述べる、ストリングインプレのコーナー。 今回張って使用したのは、ルキシロンのアルパワーソフト。 トッププロ御用達のアルパワーに柔軟剤を添加した結果、従来よりも9.5%柔らかくなったらしい。

ジュニアJPINシステムは機能するか

いよいよ、来年の全日本ジュニアに繋がる大会からジュニアJPINシステムの使用が始まります。 そもそもJPINとは選手向けサービスレベルの向上と大会運営業務の負担軽減とレベル向上を目指し、 日本テニス協会が平成26年度から導入した大会管理・運営システムのことです。一般大会は先駆けて 導入されていましたが、平成30年度よりジュニア大会に関してもJPINシステムの対象となります。

ナイロンモノを30ポンドで張ってみた

以前に、ストリングをゆるく張る魅力について語ったが、今回はその続編である。
いつもはポリエステル(テクニファイバー ブラックコード1.24)を30ポンドで張っているのだが、 今回はナイロンモノ(テクニファイバー シンセティックガット130)を30ポンドで張ってみた。

ハードコート全国大会の予選はこれでいいのか

日本では1年間にジュニアの全国大会が11大会開かれています。 そのうちハードコートの大会は3大会。オムニが7で、クレーが1。 ちなみに、国内開催のジュニア国際大会の内訳はハード4、オムニ1、クレー1。 ハードコートの全国大会が相対的に少ない現状にあります。

グリップサイズ考察〜あなたに合うのは何番?〜

テニスラケットを購入する時に、必ず選ぶのがグリップサイズである。 グリップは体とラケットにおいて唯一の接点である。 人間の手の感覚はとても繊細で、サイズごとに外周ほんの数ミリの差ではあるが大きな違いを感じ取れるだろう。 グリップサイズはプレーにとても大きな影響を与える。 細い太いでどのような違いがあるのか、どのような人にどのようなグリップサイズが合うのかを考察していく。

ポリエステルストリング図鑑【後編】

今回は3週にわたり連載したポリ図鑑の後編。  これまではルキシロン、バボラ、テクニファイバーのガットについて述べてきたが、今回はゴーセン、トアルソン、ヨネックスのガットについて記述する。 (あくまで個人の感想です。)

ポリエステルストリング図鑑【中編】

今回は3回に分けて連載するポリ図鑑の中編。  前回はルキシロンのガットについて述べたが、今回はバボラとテクニファイバーのガットについて記述する。 (あくまで個人の感想です。)

ポリエステルストリング図鑑【前編】

こちらでは、今回から3回に分けて自分が実際に打ったことのあるポリエステルストリングの感想を並べていく。 まさしくポリ図鑑である。 自分に合いそうなストリング探しの参考にしてほしい。(あくまで個人の感想です。) 

ラケットの重さ考察〜自分に合ったラケットの重さとは〜

皆さんは、今使っているラケットの重さが自分に合っているかどうかを考えたことはあるだろうか。 ラケットの重さは、プレーのパフォーマンスに大きく影響するとても大切な要素である。 この記事は、そんなラケットの重さに関して考察していきたい。

ガットのテンション考察〜私が30ポンド台でガットを張る理由〜

私は35ポンドでガットを張っている。。 。 。 え? 多分、この数値を見た人の大半は「ゆっる!!!」「うそでしょ?」「そんなの飛びすぎて無理でしょ、、」といった感じだろう。 そう思うのも無理はないだろう。というか、自分のテンションが一般的に見て異端であることは認める。逆に...       

Tennis Indexよりみなさんにニュースです

Buenas Tardes!! みなさんこんにちは。前回スペイン語の挨拶で締めたので、今回の始まりもスペイン語です。
前回のコラム記事はご覧になって頂けましたか?まだご覧になっていない方はぜひこちらからどうぞ! Tennis Indexの裏話とともに、コラムの最後に、わたしたちがTennis Indexを運営するにあたり困っていることについてお話させて頂きました。 今日はその続きになります。       

Tennis Indexの開設過程についてちょっとだけお話します

みなさんこんにちは、そして初めまして!Tennis Indexを運営している3人目のメンバー、鈴木一真と申します。 運営参入以来のわたしの具体的な仕事としてWebサイトのデザインとコーディングを行いました。 というわけで、今回は先にコラムを書いてくれた2人とは趣向を変えて、Tennis Index制作の裏側を少しご紹介したいと思います。       

主要ラケットメーカーの特徴【後編】

前回に引き続き、完全に個人の主観ではあるが各ラケットメーカーの特徴を紹介していく。前編は国内のメーカーを紹介したが、後編では海外のメーカーを紹介していく。       

主要ラケットメーカーの特徴【前編】

テニスラケット市場は様々な種類のラケットで溢れかえっている。その中で、各社がそれぞれ創意工夫を凝らして他社との差別化をはかっている。
この記事では、私ラケット大好きラケット太郎が完全に個人の主観ではあるが、各ラケットメーカーの特徴を紹介していきたいと思う。
前編では国内のメーカーを、後編では海外のメーカーを紹介していく!

ジュニアテニスの全国大会【後編】

みなさんこんにちは。この1週間は日本テニスが大いに盛り上がりました!
靱テニスセンターで行われたデビスカッププレーオフでは見事ワールドグループ残留を決めました。
さて、今回の話題は前回に引き続き「ジュニアテニスの全国大会」です。
前編をまだ見ていない方はこちらをご覧ください。 後編の今回は以下の7大会を紹介します。

ジュニアテニスの全国大会【前編】

みなさんこんにちは。コラム記事の更新が滞ってしまいました。今後は毎週金曜に更新していく予定です。 さて、今回の話題は「ジュニアテニスの全国大会」です。 普段、ジュニアテニスに大きな関心を寄せていない方は、インターハイや全日本ジュニアなど各雑誌やメディアで取り上げられる 大会を思い描くのではないでしょうか。しかし、

Tennis Indexを開設した理由

みなさんこんにちは。この度はTennis Indexをご覧いただき、ありがとうございます! 今回はコラム記事の初投稿ということで、わたしたちがこの"Tennis Index"というWebサイトを開設した理由を説明したいと思います。 そもそもTennis Indexは2つのサイトを前身としています。一番の大元となる「首都圏ジュニアテニス情報」は2015年6月にアメーバブログにて開設されました。当時、ジュニアとして大会に出場していたわたしはジュニアテニス大会の情報を一元化する必要性を感じていました。その後、名称を関東ジュニアテニス情報と改め