ポリエステルストリング図鑑【中編】

 今回は3回に分けて連載するポリ図鑑の中編。  前回はルキシロンのガットについて述べたが、今回はバボラとテクニファイバーのガットについて記述する。(あくまで個人の感想です。)

■ バボラ
・プロハリケーンツアー(120,125,130,135)
現在私が使用しているストリング(130)。 非常にトータルバランスに優れていると感じる。 適度に柔らかく、適度に飛び、スピンはかけたいだけしっかりかかってくれる。 クセのない性能が魅力だと思う。 テンション維持性はやや低め、耐久性は普通。

・RPMブラスト(120,125,130,135)
コシ、ハリのある柔らかめだがしっかりした打球感。 ハードヒットした時にボールに威力が出る。 飛びは抑えられていて、スピンもよくかかるので安心して打ち込めるのが魅力。 テンション維持性、耐久性は普通。

・RPMチーム(125,130)
柔らかく、モチっとした打球感が特徴。 少しぼやけた感じがする人もいるかもしれない。 スイングスピードが遅めでも扱いやすいと思う。 テンション維持性は高め。耐久性はやや低め。


・プロハリケーン(120,125,130,135)
硬めのクラシカルなポリエステル。 とにかくボールを潰したい、ハードヒットしたいという人は、使ってみると気持ちが良いかも。 テンション維持は低く、耐久性は高い。

■ テクニファイバー
・レーザーコード(120,125,130)
柔らかく、ホールド感の高いストリング。 クセがないので誰でも扱いやすいと思う。 テンション維持性は高め。耐久性は普通。

・ブラックコード(118,124,128,132)
かなり柔らかい。 柔らかく、弾き感が弱いのでパワーを感じられない人もいるかも。 5角形でスピンがよくかかるので、面に乗せて安定感のあるショットを打ちやすいと思う。


・ブラックコード4S(120,125,130)
四角形で、ブラックコードよりもさらに引っかかり感が強く、スピンがかかりやすい。 ブラックコードよりもシャープで弾き感が強い。 ブラックコードを安定的スピンとすると、4Sは攻撃的スピンという印象。

・プロレッドコードWAX(120,125,130)
標準的な硬さで、弾く感じが気持ちいい。 WAXの効果でスナップバックがきき、ボールが落ちてくれる印象。 テンション維持性、耐久性は普通。

コラム連載としては次回で完結予定。