ポリエステルストリング図鑑【後編】

今回は3週にわたり連載したポリ図鑑の後編。  これまではルキシロン、バボラ、テクニファイバーのガットについて述べてきたが、今回はゴーセン、トアルソン、ヨネックスのガットについて記述する。 (あくまで個人の感想です。)

■ ゴーセン
・G TOUR 1
柔らかめのストリングだが、特に強打した時に心地よい柔らかさを感じる。 ボールを潰すように打った時にスピンもよくかかり、威力のあるボールが打てる。 飛びは抑え気味なので、ハードヒッターが安心して使えると思う。 テンション維持性は普通。耐久性は高め。

・エッグパワー
柔らかく、スピンがよくかかるストリングという印象。 反発も強く、ボールがよく飛ぶので扱いやすいストリングだと思う。 テンション維持、耐久性はやや低め。

・ポリブレイク(124,131)
全体的にクセのない、バランスの取れたストリングという印象。 打球感は硬すぎず柔らかすぎず。歯切れのいい弾き感が特徴。 テンション維持性は高め。耐久性は普通。


■ トアルソン
・HDアスタポリ(125,130)
クセのないバランスの取れたストリング。 柔らかめの打球感で扱いやすい。 テンション維持性、耐久性は高め。

■ ヨネックス
・ポリツアープロ(120,125,130)
柔らかく、乾いた打球感でよく飛ぶストリング。 ボールの飛距離が出るので、ストリングに飛びを求める人や、ナイロンからの乗り換えにもオススメ。 テンション維持性は高め。耐久性は低め。

・ポリツアースピン(125)
硬めで乾いた打球感。 飛びは抑え気味で、スピンがよくかかる。 ガットにスピン性を求めるハードヒッターにオススメ。 テンション維持性は高め。耐久性は普通。


・ポリツアーファイア(120,125,130)
パリッとした弾き感があり、飛びはやや抑え気味のストリング。 ハードヒットした時に威力が出る。 スピンもよくかかる。 テンション維持性、耐久性は普通。

3週にわたり連載してきたポリガット図鑑だが、コラム連載としては今回が最後となる。
今後新たに使用したガットが増えた場合は特別版を公開する予定。